スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車製作過程その6~クリア塗り~

みなさま( ゚▽゚)/こんばんわ
お久しぶりです

筆不精過ぎて申し訳ありません(笑)
需要はないかと思いますが、これからもちまちまと更新はしていこうと思います(´∀`)
また止まったらご愛嬌ということで!

ということで、中華カーボンシリーズその6です!

クリア塗りとは?というところからですが
普通は「ぬり」よりも「ふき」をイメージしますよね
シューっと吹きかけるイメージ

自分もそれができたら一番ではあったのですが、なにせクリアを吹きつける環境がなかったのでそれだったら塗ろう!ということになりました(笑)

ただ、この方法はカッティングシートの良さをすべて消し去るのでオススメはしません。
私の場合は、文字が細かったのでそれを保護したい!というのと、まぁデザインは変えないだろうということでこの方法をとりました。

ということで、さっそく本題
室内での塗り作業ということだったので、塗ってる写真はありません、時間との勝負です。
20121202 001

20130204携帯バックアップ 121

2液性のウレタンクリア―を使用しました。
比率はメーカーで指定があると思いますが基本的に適正混合比は10(主液):1(硬化剤)です。
間違えないようにね☆(ゝω・)vキャピ
そして換気を忘れないように!!

それを使い捨ててもいい平筆でカッティングシートが貼ってある部分に
塗るべし!塗るべし!!

まんべんなく塗れたら作業完了です。
とりあえず、いったん避難しましょう(笑)

あとは、完全に乾くまで気長に待ちましょう(一週間くらいは)
完全に乾いたら後はパーツの組み付けです!

本日はここまで!
ジャ、マタ |/// |(Д´ )ノ"| ///|ウィーン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
私もうまくいけば、近々この道を通る可能性があるので、非常に参考にさせて頂いております(需要アピール)。
て、筆でクリア塗装ですか。そんなやり方もあるんですね。私はベランダで、かみさん+ご近所と真っ向勝負してやろうかと企んでおります。本番直前で山に逃げて塗装するかもしれませんが^^;。

しかし中華カーボンの一番の難敵はこの塗装ですよね。
ではヽ(´▽`)/

Re: タイトルなし

こんにちは!
需要アピールありがとうございます!(しかしこの後は実はやっつけとは言えない…)
クリアは本当に悩みました、やはり完成したときの美しさをとるなら、吹きつけるのが一番なんですが…
また機会があれば塗装は試したいと思っています(´∀`)その時は逆に参考にさせてもらいますね!
プロフィール

けいと**

Author:けいと**
2010年11月から三河地方の山を自転車でうろついています。見かけたら生温かく見守ってください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
つぶやき

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

ランキング参加中
Twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。